頭が痛い女性と気絶する男性
気絶している男性

テグレトールはカルバマゼピンを主成分としたてんかんの発作を治療する事を目的として作られた向精神薬の名称です。
この主成分のカルマバゼピンは1957年に作成され、その後テグレトールが開発され1963年にイギリスとスイスで発売されるようになります。
日本での販売が開始されたのは1966年で、現在でも三叉神経治療薬や抗てんかん薬としてテグレトールは広く利用されています。

テグレトールの効果として、主成分であるカルマバゼピンがNa+チャンネルと呼ばれるグルタミン神経の受容体を遮断し電解質のナトリウムとグルタミン酸の結法を防ぎ神経が電気的な影響で興奮状態にならないよう抑制するというものがあります。
てんかんの発作の症状には全体と部分の二つに分類されますが、テグレトールは部分てんかんに対して効果を発揮する薬になります。
テグレトールなどのような抗てんかん薬と呼ばれる薬は通常ハイリスク薬品という分類がされるものです。
これはその名の通り使用方法を間違えたりした際にリスクがあったり、服用後に副作用が発生する可能性が高い薬のことを言います。

特に危険なのが他の薬との併用で、特定の薬と抗てんかん薬とを併用するとてんかんが起きやすくなってしまう事もあるため注意が必要になります。
そのため、このようなハイリスク薬品を利用する場合には現在服用中の処方薬も含めて医師に報告し相談するようにしましょう。
テグレトールを服用した際に起こる可能性のある副作用でもっとも良く起きるものはめまいや眠気です。
これはテグレトールに限らず他の抗てんかん薬でも起きやすい副作用で、あまりにひどい場合は薬の服用を中断する必要も出てくるので、症状が発生したら迷わず医師に相談するようにしましょう。

記事一覧
テグレトールを使う患者と業務探しに使う障害者手帳 2019年11月29日

てんかんになってしまうと社会生活をするのに苦労をしてしまいがちになります。てんかんの発作が起こってしまうとけいれんで周囲を驚かせてしまうことになり、その間は意識...

脳梗塞の後遺症で暴言が出た時に処方するテグレトール 2019年10月26日

脳梗塞は、下手をすれば命を落とすこともある恐ろしい病気です。そして、命が助かったとしても、後遺症が出れば、一生悩まされることになりかねません。後遺症は、どのよう...

電気的興奮を抑えるテグレトール、免許持ちは運転NG 2019年09月22日

てんかんは脳の病気で、性別な年齢などに関係なく発病する可能性があります。世界保健機関のてんかんの定義では、脳の慢性疾患として神経細胞が突然に激しい電気的な興奮が...

テグレトールは常に持ち歩くべき 2019年09月07日

テグレトールはてんかんの薬です。てんかんは、脳神経に異常が起こることによって発生します。突然けいれんが起きたり、意識消失が起きたりします。なぜ異常が起きるのでし...

てんかん患者に聞いたテグレトール服用きっかけ 2019年08月20日

テグレトールはてんかん発作の治療に用いられる薬として有名ですが、飲めば誰しもてんかん発作や痙攣が起きなくなる、というものではありません。テグレトールが高い効果を...