• ホーム
  • 電気的興奮を抑えるテグレトール、免許持ちは運転NG

電気的興奮を抑えるテグレトール、免許持ちは運転NG

頭が痛い人

てんかんは脳の病気で、性別な年齢などに関係なく発病する可能性があります。
世界保健機関のてんかんの定義では、脳の慢性疾患として神経細胞が突然に激しい電気的な興奮が生じて、発作が繰り返す特徴があり、検査や臨床上場の異常が伴うものとされています。

てんかん発作の症状に関しては、大脳における電気的な興奮が発生する部分によって様々な症状が現れることが考えられます。
間代発作やミオクロニー発作、強直発作、欠神発作、複雑部分発作など多彩な症状があります。
症状が部分てんかんであるときには、医療機関においてテグレトールの処方が行われます。
テグレトールに含まれているカルバマゼピンの作用によって、興奮状態が起こされるNa+チャネルを遮断する効果が得られます。
この効果によって、グルタミン酸が電解質のナトリウムと結びつくことを阻害することが可能となり、神経内部での電気的な興奮を抑制させることができます。

てんかん発作の種類としては、大きく分けると部分てんかんと全般てんかんがありますが、テグレトールは主に部分てんかんに有効性のある医薬品となります。
現在ではテグレトールは、部分てんかんの治療薬として1番目に選択される医薬品として、広い範囲で処方が行われています。
テグレトールを服用するときには、様々な併用禁忌薬が存在しているために、自分自身の症状によって服用している治療薬があるときには、事前に医者に相談しておく必要があります。
自動車の運転免許証を保有している人については、テグレトールを服用することで眠気や集中力、注意力の低下が生じる可能性があることから、自動車の運転に関しては危険が伴うものとして操作をしないほうが良いと言えます。

関連記事
テグレトールを使う患者と業務探しに使う障害者手帳 2019年11月29日

てんかんになってしまうと社会生活をするのに苦労をしてしまいがちになります。てんかんの発作が起こってしまうとけいれんで周囲を驚かせてしまうことになり、その間は意識...

脳梗塞の後遺症で暴言が出た時に処方するテグレトール 2019年10月26日

脳梗塞は、下手をすれば命を落とすこともある恐ろしい病気です。そして、命が助かったとしても、後遺症が出れば、一生悩まされることになりかねません。後遺症は、どのよう...

テグレトールは常に持ち歩くべき 2019年09月07日

テグレトールはてんかんの薬です。てんかんは、脳神経に異常が起こることによって発生します。突然けいれんが起きたり、意識消失が起きたりします。なぜ異常が起きるのでし...

てんかん患者に聞いたテグレトール服用きっかけ 2019年08月20日

テグレトールはてんかん発作の治療に用いられる薬として有名ですが、飲めば誰しもてんかん発作や痙攣が起きなくなる、というものではありません。テグレトールが高い効果を...